shimiminの日記

IT系のメモ書きです。

Thinkpad X390 の SSD を交換

最近SSDって安いんですね。X390を買うとき、節約して 128GBにしていて、SDメモリもあるのでそれほど困っていなかったのですが、512GBで7000円もしない状況をみていると、ふと交換したくなり...一通り、メモしておきます。

Lenovoの動画マニュアルで予習

まずはこちらを視聴します。ふむふむ。

www.youtube.com

要するに、プラスドライバーが1本あれば10分くらいで終わるよ、というわけです。良いじゃないか。

準備

まずはSSDの調達です。私はこれにしました。が、色々あって目移りしますね。とりあえず Amazon's choiceだし、名の知れたブランドということで。

ついで、組み替えたあとのSSDWindowsを入れるために、インストールメディアを用意しておきます。ちょっとしたUSBメモリに書き込むだけです。

www.pasoble.jp

いざ作業

準備が終わったら、さっそく動画を見て、ねじ5本を緩めます。あ、その前にBIOSで内蔵バッテリをDISABLEにするのを忘れないようにします。結構重要。

蓋は、例によって期限切れのクレジットカードなど、薄いプラ片を使って、シャーシと嚙み合っている爪を外していきます...が、なぜか真ん中が引っ掛かって取れません

動画ではあんなに簡単に取れたのに...

で、引っかかっているところはシャーシの中央部分。おかしいなぁ、と縦横ずらしてみても動かず。

再び、動画を見ます。あまりにも簡単に開く裏蓋。そんな馬鹿な...

いや、これはやっぱり、何かが引っ掛かっているだけで、開くはずなのだと思いなおし、割れないように気を付けながら、ちょいと力を込めてみたら...パキッという感じで取れました。何かが割れるような感じではなかったのですが、どうもバッテリの脇に爪のようなものがあり、そこが渋かったようでした。ここまで30分くらいかかってます...

まぁでも、蓋が取れればこっちのモノ。既存のSSDを外します。2280ではなくて2240サイズだったんですね。

f:id:shimimin:20210822172807j:plain

128GB SSD

で、買ってきたのを装着。蓋を閉じる。ねじ締める。簡単でした。

あ、写真にあるようにエクステンションに繋がっている部分のねじが1本余りました。

Windows10のインストール

無事BIOSでも認識されたので、準備しておいたインストールメディアでWindows10をインストールしました。ライセンスも自動認識されてます。どうもSSDを変えたくらいではライセンス取り直しのようなことにはならないのですね。マザーボードのシリアル番号とか見ているんでしょうか。

あとは良く使うアプリを入れてデータ類を戻せば完成。(といっても、これが結構面倒なわけですが)

ぼちぼち進めます。

速度はどうなったか?

特にゲーマーでもない私には十分な速度です。やはり4レーンは速い。もともとついていた128GBのほうは 2レーンでしたからね。

f:id:shimimin:20210823231124p:plain

QrystalDiskMarkの結果

まとめ

というわけで、Lenovoのムービーでは10分と言っていたところ、1時間くらいかかってしまいました。蓋の中央が引っ掛かって開かなかったというのが原因ですが、慎重かつ大胆に持ち上げる、というのがポイントだったようです。

何かの参考になれば幸いです。

(以下は宣伝)

他の候補はこの辺でした。がっつり1TB入れても良かったかも知れません。

お好みで。