shimiminの日記

IT系のメモ書きです。

Oppo Reno 5A がきた

ダークスポットが気になる有機ELAQUOS zeroから、話題のコスパキングへ。

www.itmedia.co.jp

やはり満足度高いです。

スペック

AQUOS zero は一応ハイスペックマシンですから(なので、中古引き取りも期待していたのに...)CPUはスナドラ845ですし、RAMだって 6GB。ストレージも 128GB。入れ替えるからには、あまり遅いのは困ります。

その点、Reno 5A なら大丈夫。スナドラ 765G は最大クロックこそ 2.4GHz と控えめですが、プロセスは最新の 7nm。同じ8コアですが、スナドラ845は4x1.77GHz+4x2.8GHz であるのに対し、スナドラ765G は 6x1.8GHz+1x2.21GHz+1x2.4GHzと、3クラスタ構成になります。

GeekBench5 を走らすと、AQUOS zeroがSingle 499/Multi 1927 に対し、Oppo はSingle 582/Multi 1691 となりました。single性能はメモリクロックが 2133MHz に上がっているのが大きいのか、コアの世代が Kyro385からKyro475に更新されたのが大きいのか...いずれにせよ、十分な結果です。満足。

要らないソフト

使っていると、なんか聞きなれないソフトが勝手にキャッシュを消してくれるので、さっそく調べてみるとどうやら不要らしい...ので下記二つを無効にしました。有効にしろとうるさいので、本当は消したいのですが、一応様子見。

  • フォンマネージャー
  • HeyTap Cloud

カメラ性能

公式によると「カメラで選ばれたい」そうで、レビュー記事もいい感じ。

www.itmedia.co.jp

ちょっと iPhoneSEと比べてみました。まずは踏切。

iPhone 踏切

Reno 5A 踏切

ちょっとグリーンが強い iPhone に対して、すっきり明るい絵づくりで、派手な印象。でもいい感じですね。

次は夜景行きましょう。

iPhone夜景

Reno 5A 夜景

iPhoneは流石に綺麗。Reno 5A もきれいですが、盛大なフレアが。HDRかけすぎ?ネオンポートレートというフィルタがあるらしいので、次はそちらを試すか...

まとめ

やはり新しいスマホは良いですね。昨年のモデルですが...1万円以下で買えたので満足感高いです。さぁ何年引っ張れるかな。

(以下宣伝)Yモバが安いパッケージを出している模様。

AQUOS Zero の EL画面にシミ

AQUOS Zeroを使い始めて2年半ほど。多少の欠点はあれど、それなりに便利に使ってきました。

mobareco.jp

が、最近はバッテリがへたってきたことに加え、どうも画面がおかしくなってきたように思うのです。シミのような。

全面白表示でチェック

焼き付き防止アプリなどで全面白表示にすると、こんな感じでした。

全面白表示

普段から気になっていたのは隅のシミでしたが、改めて全面白表示してみると、ドット欠け?がいくつもあることが分かりました。

画面不良

うーん、有機ELってイマイチなのかも??これじゃぁ中古買取価格も期待できない感じです。困ったもんだ...

有機ELは画面焼けが有名ですが、私はダークモード主体で使っていたので、焼け自体は気にならない状態です。問題は黒い点...これは何?

ダークスポット

ちょっとググったところ、パイオニアの論文が出てきました。

https://jpn.pioneer/ja/strengths/crdl/rd/pdf/2019-1.pdf

もともと有機ELは水分で劣化するので、無機膜をバリア層としているが、そこにピンホールが存在すると「ダークスポット」が発生し、時間とともに拡大する、ということらしいです。えーなにそれ...SHARPの製造工程に問題があるということ?

さらに、この問題は結構昔から話題になっていることもわかりました。

junjikido.cocolog-nifty.com

ガラケーに搭載された有機ELパネルが、この問題で全交換・大損害となり、NECは技術丸ごとサムスンに売却したそうで。もうちょっと粘って地道に改良していれば今頃は...こういう技術を隣国に売り払った当時の経営陣には、猛省してもらいたいですね。

おっと話がずれました。

次期モデル

というわけで、有機ELはイマイチだなぁということで、Oppo Reno 5A に買い換えました!当初はシャープを応援する気満々だったのですが...価格コムの不良レポートが多すぎるのと、価格の差ですね。

pragma-life.com

これについては、また。画面はもちろん液晶です :-)

IIJなど、MNP前提のキャンペーンだと安く買えますが、とりあえず宣伝リンクもおいておきます。タイムセールとか、やらないかな。

なお有機ELの画面焼け防止についてはこちらが詳しいようです。皆さん、いろいろと工夫されていますね。

sp7pc.com

 

iPhoneSEと古いコンパクトデジカメの比較

先日、古い一眼を捨てようと iPhoneSEと比べて、結局捨てられなかったわけですが

shimimin.hatenablog.com

引き続き物を減らす圧力がやまないので、今度はコンデジが候補になりました。2014年デビューのこちらです。1200万画素ですが、撮像素子もレンズも良いものが載っています。

www.fujifilm.co.jp

さぁどうなるか。と、その前にコンパクトデジカメの現状をおさらいしてみます。

コンパクトデジカメとは

スマホのカメラ性能が向上するにつれて、すっかり元気がなくなったジャンルがデジカメ、特に小型で3倍ズームくらいのレンズがついているものだと思います。生き残りをかけて差別化しているようなので、頑張ってほしいとは思いますが、厳しそう...

kakakumag.com

この記事をみると、数年前にデビューしたものが今でも現役らしいので、2014年デビューでもなんとかなるでしょうか。前回と同じく3番勝負で行きましょう。

勝負1 近景

近所の踏切を撮ってみました。

踏切(X30)

なんてことない...ので、iPhoneSE(第二世代)と比べてどうこう言うのは難しそうです。iPhoneSE のほうはこんな感じ。

踏切(iPhoneSE)

どうでしょうね... X30 は流石にフィルムっぽいですが、甲乙つけがたいです。引き分け。

勝負2 マクロ

では、マクロはどうでしょうか?通りがかりに見つけた花をパチリ。

近所の花(X30)

どこにピントを合わせるか悩みましたが、適当にシャッター切ってこんな感じ。良い感じです。

では iPhone 行きましょう。

近所の花(iPhoneSE)

対象がガチャガチャしていることもあり、ちょっと iPhoneSE には不利になりました。例によってボケがうるさいので、X30の勝ち(撮像素子がでかいのでズルい...)

勝負3 料理

今回は曇天だったため、遠景でもあまり差がつかないだろうなと思ったので、3番目の勝負は料理にしてみました。新宿の料理屋さんの天丼です。エビ2尾、イカ、ピーマン、カボチャ、サツマイモ、タケノコと具沢山で、930円でした。おすすめ。

まずはX30です。

天丼(X30)

オートホワイトバランスが効いて、すっきりした感じです。

iPhoneSEだとどうなったか。

天丼(iPhoneSE)

照明の色を残して雰囲気は出ましたが、HDRのせいか、ちょっとべたっとした感じになっています。美味しそうなのはどちらかな... 1:1 で比べましたが、差は微妙でした。これも引き分け。

まとめ

というわけで、一眼よりレンズが小さくて不利かなと思ったX30も、撮像素子の新しさと画像処理の賢さで、iPhoneSEに対して1勝2分となりました。晴天の遠景では負ける可能性がありますが、やはりこれも捨てられない...

どちらも上手い人が撮るとハッキリ差が出るのかもしれませんが、こういう写真がとれるように頑張ろう...

photo.yodobashi.com

 

SolarSaga 100を入手

Jackery のソーラーパネル、最近少し安くなってきたようです。60W の旧モデルを使っていますが、100W パネルを調達してみました。

でかい、重い

届いて最初に思ったのはこれ。しまったこんなにでかいとは...60Wの三つ折りと比べるとこんなに違います。

f:id:shimimin:20220412095016j:plain

でかい

広げたところはこんな感じ。

f:id:shimimin:20220412095155j:plain

広げて比較

Jackeryの三つ折りはディスコンになっていて、現在のモデルは二つ折りなのですが、保管するには三つ折りのほうが便利だなと思いました。

当然ですが高出力

とはいえ、やはり出力にひかれて調達したわけで...同じように太陽にあてても、やはり 60W モデルとは違いました。60W パネルでは 44W くらいの発電量でしたが...

f:id:shimimin:20220412124519j:plain

44W 発電中

100Wモデルでは 68W!これなら充電も早く終わるでしょう。

f:id:shimimin:20220412124731j:plain

68W 発電中

というわけで

でかくて重いですが、しっかり発電してもらえるようです。最新モデルに比べると防水が弱いのですが、まぁ、雨の日に使う道具でもないので良しとします。

次はやはりバッテリーのほうをアップデートしたいところ。今使っている 240Wh モデルは USB PD端子がないので、ノートパソコンなどはACアダプタ経由で充電することになるのですが、AC出力は6W 程度ロスするのがもったいないのですよね...

60W PD対応のこの辺が安くなるのを待ちます...

 

楽天でんきが値上げ

お世話になってきた楽天でんきから値上げのお知らせが来ました。東電管内、プランSの単価は 26.5円/kwh から 29.45円/kwh へジャンプアップ!

www.denkishimbun.com

新電力の厳しさは昨年にも話題になっていましたが、ウクライナ事情でついに...ということのようです。

project.nikkeibp.co.jp

むしろ今まで良く続けてきてくれました...と感謝。でも、どれくらい値上げになるのか?シミュレーションしてみます。

楽天でんきのメリットは

楽天でんきの嬉しさは、なんといっても基本料がかからないこと。つまり、消費電力量が少なければダントツの安さということになります。うちは50A契約なので、基本料無料のメリットを結構享受してきました。

が。

計算してみると、新しい単価(6月より)では、214kWh 以下(または529kWh以上)でないと、東電より電気料金が高くなってしまうのです。残念...これは乗り換えざるを得ないかも?

昨年のデータでシミュレーション

昨年1年間の電気使用量で各社を比較してみたのがこちら。縦軸が電気代、横軸が月です。夏は冷房、冬は暖房。エアコンに頼っているのがよくわかります。一番電気を使わなかったのが4月で、154kwh。一番使ったのが12月で、483kwhでした。

f:id:shimimin:20220404223456p:plain

電気代比較

一年を通じて、これまでの楽天でんきの安さがよくわかります。1年積算すると、東電より1万円くらい安かった...ありがたや。

ですが、新料金は...残念ながら1年のうち5か月は東電より高くなってしまいました。1年積算したら、東電より98円高くなりました。残念。0.5%の楽天ポイントを加味すると、370円安いことになりますが、ちょっと弱い...HISでんきや東京ガスのでんきは、年間で5000円近く、東電よりも安いですからね。

やはりよく使う領域(第二段料金の 120kWhから 300kWh まで)の単価が高くなったのは厳しいなと思います。

というわけで

5月になったらHISでんきに引っ越ししてみます。さてどうなるか。

 

(以下宣伝)

最近は停電も心配なので太陽電池も人気みたいです。バッテリーとのセットも安くなってきましたね。

 

iPhoneSEと古い一眼の比較

少し持ち物を減らそう、というときに、最近あまり使わなくなった古い一眼デジカメが引退候補に上りました。Pentax K100D-Super という、2007年のモデル。15年前のボディですが、電源が乾電池ということもあり、今でも動きます。画素はなんと、たったの600万画素。

www.ricoh-imaging.co.jp

レンズは SIGMA DC 17-70mm 1:2.8-4.5 という、割と明るめのものをつけています。寄れる、というのが売りですが、描写は若干甘いというか、柔らかい感じ。

dc.watch.impress.co.jp

セットだと結構な重量ですが、割とお気軽にキレイな絵が取れるのが気に入り、今でも時々使っているというもの。これを処分するかどうか...ちょっと町に繰り出しました。

勝負1 近景

f:id:shimimin:20220321142421j:plain

神田まつや (K100Ds)

まずは蕎麦の老舗、神田まつやです。いつものように行列ができています。K100D Superはすべてオートピクチャーモード、要するにカメラお任せで撮っています。昼下がりの感じが出ていますね。

では、このシーンを iPhoneSE(第二世代)で撮るとどうなるか。

f:id:shimimin:20220321142317j:plain

神田まつや(iPhone)

似たような画角になるようにトリミングして、サイズを合わせていますが、すっきりとよく撮れています。オートHDRが効いて、隣のビルとの間とか、空が飛ばずに雲が見えていますが、なんとなく薄曇りのような雰囲気になっています。

主観ですが、右側の提灯の日当たり表現を比較して、この勝負は K100Ds の勝ちとします。

勝負2 マクロ

f:id:shimimin:20220321142409j:plain

さくら(K100Ds)

次はマクロです。K100Ds だとこんな感じ。ピンが甘いですが縮小してしまえばわかりません(汗

iPhoneのほうはこんな感じです。

f:id:shimimin:20220321142309j:plain

さくら(iPhone

これは好みが分かれる結果になりました。K100Dsのフワッとしたのも悪くないですが、iPhoneの3D画像のような出力も流石です。ちょっと背景ボケが不自然というか、うるさいのが気になりますが...

この勝負は引き分けとしました。

勝負3 遠景

万世橋までやってきました。神田川を撮ってみます。

f:id:shimimin:20220321142805j:plain

神田川(K100Ds)

ちょっと空が飛びすぎましたかね。-0.5すればよかったか...こういうシーンは iPhoneのほうが強いだろうなと思ったら...

f:id:shimimin:20220321142700j:plain

神田川(iPhoneSE)

やはり圧勝でした。オートHDR、流石ですねぇ。これは文句なしに iPhoneの勝ち。

まとめ

というわけで、1勝1敗1分けとなりました。もっと圧倒的に古い一眼が負けるかと思っていましたが、ちょっと負け、くらいで済んだのはレンズのおかげかもしれません。

しかし、スマホに圧倒的に負けるなら処分しようと思っていたのに、処分できなくなりました...うーむ。壊れるまで使うか...

 

エクスプローラからスライドショー機能が消えた(Windows11)

以前も書きましたが、ふと気が付いたら、またスライドショー機能が消えたので、メモ。

shimimin.hatenablog.com

何気に便利なんですよね、エクスプローラーのスライドショー機能。よくある画像ソフトのスライドショーだと、いちいちファイルを登録するとか面倒だし...

ShellExtensionsを見なくなった?

私の端末では、こちらの記事に従ってレジストリキーを追加してあります。

atmarkit.itmedia.co.jp

コマンドはこちら。

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked" /v "{e2bf9676-5f8f-435c-97eb-11607a5bedf7}" /t REG_SZ /f

ですが、見てくれなくなったのかな。

なので、同じ記事のもう一つの方法のほうをトライ。

reg add "HKCU\Software\Classes\CLSID\{d93ed569-3b3e-4bff-8355-3c44f6a52bb5}\InprocServer32" /f /ve

で、エクスプローラーを再起動して...やっと治りました。

f:id:shimimin:20220312115233p:plain

スライドショー復活

それにしても

この手の「ちょっとした機能」、結構便利だと思うのですが、どうして外されちゃったんですかね...フォトを使えということなのか。でもフォトって余計な機能が多すぎて使いにくいんだよな...

引き続き、キーの追加で前の機能を使い続けたいところですが、今後のアップデートでまた潰されるのか、どうなるか。