shimiminの日記

IT系のメモ書きです。

WiFi6ルータの調達(TPlink AX73レビュー)

うちは Nuro光なので、ルータから先の速度には問題ないのですが、光ONU一体型のルータ(FG4023)は、微妙にWiFiアンテナが弱くて、距離が離れると速度が落ちてしまうので、WiFi6ルータを物色していました。

今回、アマゾンタイムセールで割引していたTPlinkの Archer AX73/AX5400を導入して満足できたのでメモしておきます。

   

4T4Rの威力

FG4023は 3x3 MIMO で 1300Mbps。WiFi5としては標準的な?スペックでしたが、今回は 4x4 MIMO の機種にしようと決めていました。

AX73のスペックはこんな感じ。

www.tp-link.com

特に期待していたのは下記の点。

  • 4x4 MU-MIMO, 4T4R
  • ビームフォーミング

6本もアンテナ立ってるのだから、大きな期待をもっていましたが、実際のところ期待通りの性能でした。木造戸建てで、基地局を1Fの押し入れの中に設置し、2Fの同じ部屋に置いてある iPhone、パソコン(子機は Archer T9UH)、アンドロイドスマホの3台のリンク速度(Rx/Tx, Mbps)はこんな感じ。

f:id:shimimin:20210525215944p:plain

流石に速い

特に T9UH との組み合わせは、T9UHの方もビームフォーミングの機能があるからか(あるいは同じメーカーだからか)、安定してギガビット級のリンクが構築されていて実に快適です。FG4023の時も、700Mbps~800Mbpsは出ていましたが、一段上という感じ。買ってよかった。

USBストレージも

あと面白いと思ったのは、USBにストレージを繋ぐと簡易NASになるところです。Time Machineのストレージとしても使えるらしいので、Macユーザには嬉しい機能かもしれません。

f:id:shimimin:20210525221330p:plain

Time Machineにも対応

 ゲストネットワークの設定

 最近のWiFiルータはいろんな機能があるもので、ゲスト用のネットワークを設定することもできるとか。友達が遊びに来た時など、便利に使えそうです。

 

f:id:shimimin:20210525221706p:plain

ゲストの設定

ちょっと苦労したのはブリッジ設定

とはいえ、最初の設定にはちょっと引っかかりましたのでメモしておきます。

FG4023はONU内蔵なので、ルータの機能はそのままFG4023を使うことにして、Archerの方はアクセスポイントモードで動かすことにしました。動作モードを図のようにして変えれば動く...と思ったのですが、DHCPでデフォルトルートの設定を取ることができず、そのままではインターネットに出ていけませんでした。

f:id:shimimin:20210525222154p:plain

動作モード切替

まずやったことは、DHCPサーバの機能を止めること。アクセスポイントモードで動いているくせに、なぜか別のサブネットのIPアドレスをクライアントに振ろうとしてくれたので。DHCPは FG4023にお任せです。

f:id:shimimin:20210525222922p:plain

DHCP止める

さらに、本機のIPを固定(手動設定)し、デフォルトゲートウェイを FG4023に向け、ようやく普通に使えるようになりました。

なおブリッジとして使用する場合は、製品の売りの一つである HomeShield機能が使えなくなるので注意です。

HomeShield | TP-Link 日本

まとめ

というわけで、多少設定に引っ掛かりましたが満足度の高い製品でした。これが1万円ちょっとで入手できるなんて、TPlink様様、といった感じですね。

 

ターゲティング広告の設定を変えてみた

最近、広告ブロッカーをブラウザに入れたところ、いろんなサイトで「広告表示をオンにしてほしい」というポップアップが出るようになりました。まぁそれは良いのですが、常々「ターゲティング広告」というものが面白くないと思っていたので、オフにしてみます。

まずは Google の設定

広告の設定はこちらのリンクから行えます。

adssettings.google.com

これまで、特に気にせずにいた人はこんな画面になっていると思います。

f:id:shimimin:20210516130635p:plain

Googleの広告設定

「カスタマイズに利用する要素」に、匿名とはいえ、ちょっと気持ち悪いくらいの行動が組み込まれていることがわかるでしょう。

なので、これが嫌ならオフにすればよいわけですね。

上のスライドボタンをオフ側に倒して、ポップアップを一つクリアすればOK。

f:id:shimimin:20210516131014p:plain

広告のカスタマイズをオフにした

さらに、ここに表示されている「Your Online Choices」をクリックすると、アメリカのデジタル広告連合(Digital Advertising Alliance)のサイトに飛び、連合に加盟している多くの広告会社のターゲティングを一気にオフ(opt out of all)することができます。

私の場合、126社もありました!Webって怖いですね。

f:id:shimimin:20210516131453p:plain

全部 opt out してみる

で、こんな感じで作業が進んで...

f:id:shimimin:20210516131637p:plain

オプトアウト中

94社からはこれでオプトアウトできましたが、32社はダメでしたので「Try Again」を押しました。すると24社からオプトアウトできて、8社残りました。エラーメッセージによると、この処理をすると「opt-out cookies」というのがブラウザに保存されるらしいのですが、この8社のモノはうまく保存ができなかったとのこと。

しかし、いずれにせよクッキーで制御なのですね。

次はアマゾンです

アマゾンの方は、割と簡単な感じでした。

こちらにアクセスします。

www.amazon.co.jp

で、こちらを選ぶだけ。

f:id:shimimin:20210516132153p:plain

アマゾンの広告設定変更

アマゾンのこちらのページには、NAI(Network Advertising Initiative)のオプトアウトページがリンクされていましたので、こちらも設定してみます。

https://optout.networkadvertising.org/

こちらには76社の名前がありました。

f:id:shimimin:20210516132546p:plain

76社の情報取得中

結果として、先ほどのDAAにも加盟している会社ばかりでしたので、すでにオプトアウトされていることが分かりました。まぁ、ダブルチェックができてよかったです。

ちなみに、楽天のリンクシェアもNAIに加盟しているので、全部オプトアウトすれば楽天の広告も(おそらく)ターゲティングから外れます。

jp.linkshare.com

Yahooも変更

yahooのプライバシーページから、広告設定を選びます。(ちなみにほかの設定も要チェックですね)

accounts.yahoo.co.jp

「行動履歴を利用して広告内容を最適化する」をオフにして、ついでに行動履歴も削除しておきました。

f:id:shimimin:20210516133000p:plain

ヤフーの設定

最後が楽天

楽天はこちらからオプトアウトできるようです。

grp12.ias.rakuten.co.jp

というわけで、だいたいオプトアウトできたようなので、これで楽天で何か物を買っただけで、その広告が山のように出る状況を回避できるはず...

5年目の車検を近所のDr.Driveに依頼してみる

中古で買ったデミオ(DJ3FS)が5年目の車検を迎えるので、近所のガソリンスタンドに(楽天経由で予約して)見積もりをお願いしてみました。ディーラー系との違いが面白いなと思ったので、メモしておきます。

楽天の入り口はこちら。2500円分のポイントが付いてきます。

car.rakuten.co.jp

基本料金は安いが、部品が高い

最初から結論を言ってしまうと、見出しの通りです。頂いた見積もりを眺めてみましょう。

f:id:shimimin:20210508005255j:plain

車検整備の見積もり

Dr.Driveにはいくつか車検のコースがありますが、こちらはエコノミーコース(法定2年点検付き)の楽天予約割引となっていて、基本料金が16800円です。これだけみると、ディーラーの半額程ですので、とても得した気分になります。

が、ワイパーブレード交換の文字を見て「うーん」となります。これ、ゴムだけでいいですし、ゴムだけなら1000円くらいで済むものなんですよね。コーティングした奴でも、左右合わせて3000円くらい。まぁ、これは削除です。

ついで、ブレーキフルード交換。この作業は、3級整備士ではできないので、外の工場に外注するとのことで、6000円になっています。この辺りは、内製で済ませるディーラーの方が安いかもしれません。例えばトヨタなら1リットルの交換で部品代が 1723円、工賃が 2530円、合わせて4253円となるところです。

最後に唸ったのがオイルの高さです。一番いいオイルを選んでくれていますが、別にスポーツカーでもないので、部分合成油の安いやつで良いし、フラッシングするほど汚れてないし、エレメントも前回替えているから今回はパスです。おそらく、エネオスとしてはここでしっかり儲けたいところなのでしょうが、オイルを安いものに変更していただいて(それでもエネオスだとGF6クラスの良いモノ=4リッターで6000円クラス)、下の二行は削除で。本当はカストロール辺りをイエローハットとかで入れるのが安くていいのですがね...

交換部品を最小限にすればお得

というわけで、オイルが高いのには目をつぶるとして、不要な部品交換を全部削除すれば基本料の安さが効いてきます。結果としてこうなりました。

f:id:shimimin:20210508105359j:plain

見積もり見直し

今回はディーラー整備より2万~3万は安く上がりそうな予感。逆に、見積もりを丸呑みすると、せっかくの安さを十分活かすことができなくなるので注意が必要かと思いました。

まとめるとこんな感じでしょうか。

  • ディーラーは基本料金が高い代わりに、部品・工賃が安い傾向。純正部品をいろいろ交換する時期の車検であれば、ディーラーで良い気がする。3年目の車検も、新車保証などを考えるとディーラーが良いような。
  • スタンド車検は基本料金が安い代わりに、部品・工賃が高い。5年目など、まだ部品をそれほど変えなくてよい時期にはお得感が増す。7年目は微妙か?

以上、何かの参考になれば幸いです。

(蛇足)ワイパー交換について

 上の方でバッサリ削除したワイパーブレード交換。最近は「ゴムは半年ごと、ブレードは1年ごとに交換するのがおすすめ」なんていうサイトもあるようです。私は免許を取ってから30年、車もいろいろ乗り換えてきましたが、毎年ワイパーブレードを変えるなんて初耳ですし、ゴムもせいぜい2年ごとです。最近はだいたい、24か月点検の時に純正ゴムに変えてもらう感じ。

 そもそもブレードを純正でないものにするのは、あまりお勧めでない気がします。マツダさんもブレードは車種ごとに専用開発だと言っているし、JAFも「ゴムだけ変えるのが経済的だよ」と言っています。とはいえ、社外品はカッコいいものもありますので、お好みで。

www.mazda.co.jp

jaf.or.jp

 ただ、ゴムを頻繁に変えると気持ちいいのは確かですね。毎年、梅雨の時期の前に変えるとか。新品のタイヤが気持ちいいのと同じで、ゴムは新しいに越したことはありません。この辺も、財布と相談しながらお好みで宜しいのではないでしょうか。

 

Software Reporter Toolを止める

時々リソースモニターを眺めていると、CPUとかディスクを食うプロセスを見つけることがあります。今日見つけたのは software_reporter_tool というもの。いかにも怪しそうな名前です。はてさて。

Google Chromeのおまけでした

f:id:shimimin:20210503171235j:plain

Software Reporter Toolに関係する部分

どうやら、Chromeの設定で出てくる「有害なソフトウェア、...について詳細なレポートを Google に送信する」もののようです。いるのかなぁ、これ。

で、ググってみると消し方がいろいろありました。例えばこちら。

qiita.com

なるほど、こんな感じで止められるのであれば、止めておくに越したことはなさそうです。

ただ、これで止めておいても、chromeのバージョンアップをすると復活するとか。それじゃ意味がないなと思ったら、さらにこちらの記事がヒット。

note.com

先達の皆さんの情報共有に感謝です。

 

スマホの充電はちゃんとしたケーブルで

何かのおまけに貰ったUSBの充電ケーブル。microUSB、Lightning、Type-Cが一緒になっていて便利...と思っていましたが、足をすくわれました。こんなやつです(青いほう)。黒いのはM5についてきた短いType-Cケーブル。

f:id:shimimin:20210331210857j:plain

微妙な青いケーブル

ショボいケーブルは効率が悪い

なんとなく、青いケーブルを使うと充電が遅いような気がしたので、測ってみました。電源はモバイルバッテリです。

f:id:shimimin:20210331210157j:plain

ショボいケーブル

電圧降下しているし、電流も引けません。投入電力は3.1W。

ケーブルを短いものに変えると...

f:id:shimimin:20210331210057j:plain

短いケーブル

こちらは電圧も 4.85Vにとどまっているし、電流が倍です。投入電力は6.7W。差が出るわけですね。

ACアダプタから給電してもダメ

供給源がモバイルバッテリだからかな?と思ったので、ACのUSB充電器とつないでみました。ショボいケーブルはこちら。

f:id:shimimin:20210331211756j:plain

ショボいケーブル+AC

電圧降下は相変わらずですが、電流が少し増えました。でも投入電力は4W...

超短いケーブルと比べるのは不公平かな?と思って、似たような長さのちゃんとしたケーブルを使ったところ、こうなりました。

f:id:shimimin:20210331211836j:plain

ちゃんとしたケーブル

電圧降下は近いレベルになりましたが、電流がちゃんと引けています。投入電力は5.5W。

まとめ

というわけで、あまり安物のケーブルを使うと充電遅くなるのでお勧めしませんよ、というお話でした。

電圧電流が測れるものは色々あるので、下に宣伝しておきます。QC対応していたり、PDで65Wまで測れるものも。ルートアールの新型欲しいな...

Windowsの拡大縮小動作について

4Kのディスプレイになったのに拡大率150%で使うとWQHD相当ではないか、という記事を先日書きましたが...そんなに単純なものではなかったようです。

shimimin.hatenablog.com

拡大縮小は文字だけ?

4Kディスプレイを拡大率150%で使うと、単純計算で表示領域は 2560x1440になるような気がしていました。それぞれ 1.5倍すれば3840x2160になるからです。

が、「ペイント」で2560x1440画素の画像を作ってみると、画像のエリアだけは 150% にならないことに気づきました。つまり、「4Kディスプレイを拡大率150%で使う」ということと、「4KディスプレイをWQHD解像度で使う」ということは違う、ということです。下記の画像を見てください。

f:id:shimimin:20210313090620j:plain

スケーリングは画像には適用されない

左側は、4Kディスプレイを100%表示で表したものです。一番上の「あ」は36ポイント。ディスプレイ上での文字高は9ミリほどです。右側は、150%表示で表したものです(手振れしてますが)。比べてみればわかるように、メニューバーの高さは150%に拡大されています。一方で、なんと、画像の部分は拡大されていない。試しに1ピクセル幅の線を引いてみましたが、4Kディスプレイの実ピクセルで表示されました。これはビックリ。

拡大は文字だけなのか?と思ってエクセル(互換品ですが)で確認(また手振れ...)。

f:id:shimimin:20210313092134j:plain

文字は拡大される

セルの高さが3ミリ弱から4ミリ強に拡大され、メニュー含め全体的に拡大されていることがわかります。なるほどねぇ。

4Kディスプレイの恩恵

というわけで、4Kディスプレイを150%にスケールして使う場合であっても、WQHDのディスプレイとは同じではなく、画像については広く表示されることがわかりました。

Windowsのスケーリングはアプリによってうまく動いたりダメだったりと、ちょっと怪しいなと思っていましたが、いろいろ工夫されているんですね...ちょっと見直しました。

support.microsoft.com

アプリのスケーリング動作を表示する小技

上の情報に、アプリがDPIスケーリングに対応しているかどうかを判定する方法が紹介されていたので、こちらに抜き書きしておきます。方法は次の通り。

  1. Sysinternals Process Explorerをダウンロードして実行。
  2. Process Explorerのプロセス画面で右クリックし、DPI Awareness カラムを追加。
  3. 判定したいアプリを実行して確認

f:id:shimimin:20210313175630p:plain

DPI Awarenessをチェック

こんな感じで表示されます。

f:id:shimimin:20210313175659p:plain

DPIスケーリングの対応状況がわかる

Chromeは割と上手にスケーリング対応していると思っていましたが、WindowsAPIは使っていないようですね。Unawareと書かれていました。Firefox は Per-Monitor Aware でした。

ということで、何かの参考になれば幸いです。

pentel Kerry 0.7が来た

0.7mmのシャーペンが好きです。今日のお宝は、ぺんてるさんの「ケリー0.7」。万年CILという名前が付いていますが、どんなもんでしょう。

f:id:shimimin:20210313010611j:plain

KERRY 0.7 (海外モデル)

キャップがピシッと

ご覧の通り、キャップを閉じていると万年筆のようです。はまり方も「かちっ」という感じで高級感が漂います。シャーペンにしては割と金額が張るほうでしょうか?ただし、軽いので、持ってみると重厚な感じはしません。

が、デザインはなかなか気に入っています。キャップを閉じた状態で、全長125mm。コンパクトなので、持ち運びには便利です。本当に、軽いですし(約20g)。

f:id:shimimin:20210313005752j:plain

キャップを閉じた状態

キャップをパチッと外して反対側につければ、シャーペンに早変わり。国内では 0.5mmのようですが、これは海外モデルなので 0.7mmです。こちら側にはめるときも「かちっ」としていて気持ちが良いです。

f:id:shimimin:20210313005724j:plain

実際に書く状態

で、この状態で筆記してみると、重量バランスがちょうどいい。閉じていた時は「大丈夫か?」という感じで頼りない軽さだったのがウソのよう。この状態で全長132mmで、よくあるシャーペンより短いので、シャーペン回しには向いていません。さらさらと、集中して書きましょう。

やはり 0.7mmがいいです

こんなに揃えてどうするんだ...と思いますが、これ以上増やさないようにしなければ...私は筆圧強めなので、高校生の頃からずっと、0.7mmを愛用しています。

f:id:shimimin:20210313012205j:plain

シャーペンは 0.7mmに限る

(ちなみに上から、今回のKERRY、クルトガアドバンス、普通の 0.7、rotring、ステッドラーパイロット。今はないですが油断すると増えそうなのがコクヨとプラチナのプロユース。ぺんてるはグラフギアかグラフ1000を買うのかなと思っていましたが、ちょっと高級路線になりました)

欲しいのを並べておこう...